MENU

バイトレの判定方法を上手に使い分けて自分なりの取引スタイルを作ろう

FXトレードフィナンシャルのバイトレには3種類の判定方法が用意されています。バイトレラダー、バイトレレンジ、そしてバイトレタッチです。それぞれ、特徴が大きく異なりますので自分のスタイルに合わせ、そして相場にマッチしやすい判定方法を選びましょう。ここではそれぞれの判定方法と投資戦略を紹介していきます。

 

バイトレラダー

バイトレラダーはバイナリーオプションの中でも定番となっている判定方法です。判定レートが目標レートよりも高いが、低いかを予想する内容になります。バイトレのラダーはシングル、トリプル、オールから購入できます。シングルは現在値から近い目標レートのみでの取引、トリプルは3つの目標レート、そしてオールは全ての目標レートを購入できます。最初の内はシングルから始めて慣れていくのが良いでしょう。

 

基本的にバイトレラダーを利用する場面は値動きにトレンドが出ている時が良いとされています。例えば、レートが上がり続けている場面だと目標レート「HIGH」を選ぶ、レートが下がり続けているときは「LOW」を選ぶといった使い方です。バイナリーオプションの中で基本となる判定方法なのでマスターしておきましょう。

 

バイトレレンジ

バイトレレンジは判定時刻までに目標レートのレンジ内に収まるか、収まらないかを予想する判定方法です。あまり相場が盛んではないときはレンジインを、比較的相場が良く動くときにはレンジアウトを選ぶのが一般的です。

 

例えば、経済指標発表時など相場が大きく動くと予想されるときにはレンジアウトを使う、といった方法があります。

 

バイトレタッチ

バイトレタッチは判定時刻までに目標レートに届くのか、あるいは届かないのかを予想する取引方法です。比較的値動きが大きい時には「タッチする」を、小さい時には「タッチしない」を選択しましょう。判定時刻までに一度でもタッチできれば終了となるため、他の判定方法よりも短い時間で結果が分かる場合もあります。