MENU

バイトレと外為オプションはいずれもネットで人気の高いバイナリーオプションサービス

FXトレードフィナンシャルのバイトレと、GMOクリック証券の外為オプションはいずれも人気の高い国内有数のバイナリーオプション商品です。ここではバイトレと外為オプションの比較ポイントを紹介していきます。

 

手数料の比較

バイトレ、外為オプションともに手数料は0円となっています。

 

購入金額の比較

GMOクリック証券・外為オプションの購入金額は50円〜1000円となっています。1枚あたりの購入金額に幅があるため自由度のある取引を実現できます。バイトレは100円から9900円、そしてバイトレ1000は10円から990円が購入金額になります。

 

取引方法の比較

外為オプションの取引方法はラダーオプションのみとなっています。取扱銘柄は米ドル円、ユーロ円など定番の4通貨ペア。一方のバイトレはラダー、タッチ、レンジの3つの取引方法の中から選べます。取扱銘柄は米ドル円をはじめとした6通貨ペアです。状況に合わせて様々な取引方法を使い分けたい方はバイトレの方がおすすめです。

 

ペイアウト倍率の比較

外為オプション、バイトレともにペイアウト倍率という概念はなく、ペイアウト金額が一律固定となっています。外為オプションは1枚につき1000円固定、バイトレは1ロットにつき1万円固定、バイトレ1000は1ロットにつき1000円固定となります。これらのペイアウトから購入金額を差し引いた分が損益になります。

 

その他の比較

バイトレ、外為オプションともに優れた取引支援ツールが用意されていること、そしていずれもスマートフォンからの取引に対応していることなどユーザビリティの高さが他のバイナリーオプション業者よりも光っています。外為オプションはエントリーのチャンスが1日10回とや少なめなのが気になります。バイトレは入出金時に高速FX口座との振替をしなくては指定した金融機関の口座に入出金できないという手間がありますが、それ以外に特に目立った気になるポイントは見当たりません。